Message
導かれるように…
先週火曜日の長野での演奏会、たくさんの方にお越しいただいて
感謝の気持ちで一杯です。
皆さま、いつも本当にありがとうございます!

ショパンの協奏曲、今まで何回か弾かせていただいていますが
その時の気持ち、弾く場所、ご一緒するマエストロとオーケストラ…
様々な要素によって全く別の曲に聞こえることがあります。
言葉にすると抽象的になってしまいますがまさに

小宇宙

です………!

自身でも実感しますが、音楽は嗜好品ではなく人生に必要不可欠なもの、
なのですよね…。
実態のないはずの「こころ」が動く、という感覚が
確かにこの世界には存在しています。

そんなことをしみじみと感じる一日となりました!



実は今年の10月よりワルシャワに戻る運びとなりました。
大好きな日本の繊細さと同時にポーランドの温かさを
こころが求めたのかもしれません。

ポーランドの景色で不思議と思い出すのは
日が長くて緑の美しい、人々の表情が明るい夏よりも
風が泣く音の聞こえる厳しい冬なのには自分でも驚いています。

留学中も「日本へ戻る」と同じ感覚で「ポーランドへ戻る」と言っていました。
きっとこれからも、どちらへも「戻る」のだと思います…。

たくさんの方々に支えられて心の赴くままに楽器に向かえることを感謝しながら
これからも精進してまいります(もちろん楽しみながら…!)
皆さま、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!


長野の演奏会の後、マエストロと!
演奏会を終えて - -
<< NEW | TOP | OLD>>