Message
充実の5月が終わり・・・次は!
梅雨らしからぬ涼しさが続いていた東京でも
ついに「湿気の季節」となってしまいました・・・。
皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

自宅の楽器の状態が急に変わり、やはり楽器は生きているのだなと
感じてしまいます。



さて、5月はそのあと新潟、岐阜と様々な場所で弾かせていただきました。
食事が美味しいところばかり・・・詳細はブログの最後を・・・(笑)


新潟のりゅーとぴあは大好きなホールです。
コンサートホールでソロを弾かせていただくのは今回が初めてでしたが、
大きい会場なのになぜかお客さまに囲まれても温かい感じなのです。
会場を感じてみました↓



そして今回本当にお世話になりましたりゅーとぴあのお二人・・・
ありがとうございます!



午前11時半からという早い時間帯の演奏会でしたが
休日にもかかわらず沢山の方にお越しいただき、本当に幸せでした!




その1週間後は初めて訪れた岐阜にて・・・



水谷川優子さんとこのような素敵な美術館での演奏会!
この木目調のピアノ、コンパクトながらレトロで温かい音が出て、
ヤナーチェクの「森の響き」に寄り添ってくれました。
いつもピアノから教わることばかりです・・・。
この1週間後の紀尾井ホールの演奏会では、また違った素敵な個性を持ったピアノで
水谷川さんと音物語を楽しく紡ぐことができました。

本当に充実した数週間でした!
7月は7日の七夕コンサートと20日の兵庫・芸文でのリサイタル、
今はシューマン・ラヴェル・ドビュッシーに取り組んでいます。
暑い時期での演奏会になりますが、涼やかなプログラムを
お届けできればと思っております。



<Smacznego!>

新潟、岐阜と行ってきたならばこのコーナーは欠かせません!

日本全国の中でも私が特に好きな新潟のお料理、
米どころの名にふさわしく、お店はもちろん
ホテルの朝食のお米にもいつも感動してしまいます。

今回はりゅーとぴあの方がご厚意で
素敵なお店に案内してくださいました!





この後お鮨をいただきましたが、新潟の名物・南蛮エビをはじめ
心のこもったお味で幸せなひと時でした。
新潟に通いたくなってしまいます・・・。


そして初めて訪れた岐阜。
鵜飼の鮎は有名ですが、実際に鵜飼を見ながら美味しい鮎がいただけるとは
想像していませんでした・・・!
長良川のすぐ脇に建つ旅荘にて演奏会「前」の祝賀会、、、





塩焼きだけでなく、子持ち鮎の甘露煮など様々な形で初夏の味を堪能しました。
ワタの苦みが香ばしくてクセが全くないのです!
そのほかのお料理も盛り付けから美しくて
その夕餉を糧に翌日演奏会に臨みました!
おかげで鮎のようなみずみずしさが音にも多少出たような・・・!?
演奏会を終えて - -
<< NEW | TOP | OLD>>