Message
心温まる出来事
9月初めの猛暑で、あとどのくらいこの暑さが続くのかと思っておりましたが
あっさり空気が入れ替わり、晴れやかな秋空が広がっています。


9月は様々な出来事がありました。


まずは初めての鹿児島での演奏会・・・。
実はリハーサル中に爪が割れてしまいまして、痛みが続くか不安でしたが
本番では痛みを感じず本当に安心しました。
そして鹿児島のお客さまの温かさがじんわりと心に沁みて・・・。
初めての場所でしたのにまるで「帰ってきた」かのような感覚がありました。

翌日は残念ながら折角の鹿児島を見て回ることができず
お昼過ぎの飛行機で帰京致しましたが、
空港へ向かう時、主催してくださった労音鹿児島の皆さまが
ホテルまでお見送りに来てくださったのです・・・。
本当に幸せな滞在でした!



16日、17日はショパンチクルス。
あれほど長い道程と思っていたチクルスも折り返し地点となった所為でしょうか、
名残惜しい気持ちと一抹の寂しさも感じました・・・。
今回のショパンチクルスは、初めてのショパン・全曲演奏という面もありますが
同時に思い入れのあるホールにて地元の温かいお客さまの前で演奏できる、という
幸せな機会でもあります。
今回もメセナホールの方が楽屋に地元産のぶどうを用意してくださったり
(大好きなのです・・・)
サイン会でお世話になった皆さまとお話しできたり・・・。
ショパンは20歳でポーランドを離れ、その後二度と故郷に戻ることができませんでしたが
故郷で演奏できる私は本当に幸せです。


チクルスの後、須坂市の小学校にて演奏をしてまいりました!
体育館だったのですが、ステージからピアノを降ろして頂いたために
小学生のみなさんとの距離が近く、くつろいだ時間となりました。
本当に真剣に聞いていただいて・・・。
ピアノって楽しい!!と少しでも感じていただけたらこれほどの幸せはありません!

そして終了後、控室におりましたらこのようなものが・・・↓



なんと終わって30分も経っていませんでしたのに生徒のみなさんが感想を書いて
このようにまとめてくださったのです!
中には心温まる言葉がたくさん並んでいました・・・。
逆に私が小学生のみなさんからエネルギーを頂いた気がします。
(その所為か終わった後全く疲労感がありませんでした・・・!!)



来月はついにショパンチクルス、最終回を迎えます。
全ての方へ感謝の気持ちを込めて精一杯演奏致します。

演奏会を終えて - -
<< NEW | TOP | OLD>>