Message
金沢→大阪

先週金曜日、そして土曜日は
金沢の石川県立音楽堂、大阪のザ・シンフォニーホールで
シューマンのコンチェルトを演奏させていただきました。

シューマンのコンチェルト・・・本当に美しく、そして
不思議な作品でした。

今回初めて弾かせていただいたのですが、
「コンチェルト」というタイトルから連想する音楽とは
少し異なっていると感じました・・・。

常に独奏楽器が音楽を引っ張っているような本来のものとは違い、
あるときにはオーケストラの引き立て役になる、
またはオーケストラのメロディーを豊かにする音型を奏でる・・・
このような発想はまるで室内楽のようで、
シューマンが第1楽章を元は「幻想曲」として発案した、という事実が
それを裏付けているような気がいたします。

時にはノクターンのような表情も見せる多彩な第1楽章
オーケストラとピアノが親密な温もりのある会話を繰り返す第2楽章
華やかだけれどもプライベートな細やかな感情をも含んだ第3楽章

まさに唯一無二・・・シューマンならではの音楽ですよね・・・。


実は私が一番驚いた楽章が第3楽章でした。
シューマンが遺した最高に幸せな音楽の一つのような気がいたします・・・。
この楽章を演奏させていただいているとき、笑顔が自然にこぼれてしまいました。
そんな幸せな音楽を作ってくださいました
金聖響先生とオーケストラ・アンサンブル金沢の皆さま・・・
本当にありがとうございます。
今回2日間連続でシューマンのコンチェルトを演奏いたしまして、
新たにハッとするところ、教えていただくことがとても多く、
本当に充実した日々でした。

金先生と大阪終演後に↓



そしてお聴きくださいました金沢と大阪の皆さま・・・
温かい会場の雰囲気に、心から幸せを感じておりました。
本当にありがとうございます。


今回は少し前から金沢に滞在できましたので、
少し観光も!してまいりました。
リハーサルの後夜にお茶屋街を歩いてみましたら
灯りが点ったその美しさに感動してしまい・・・。

そして食事もとても美味しい・・・!
特にお気に入りは小坂蓮根や金時草といった加賀野菜を使ったもの!
(写真がないことが悔やまれます・・・・・・・・・・)
皆さまも金沢にお出かけの際はぜひお試し下さい!

コンサートイマジンのブログにアップしていただいたこちらの写真↓




こちらの正体は・・・
なんとスピーカーでした!!
商店街でずっとモーツァルトが流れているのでどこからかな、と思っていたのですが・・・
一体どのような作りになっているのでしょうか・・・!?



さて、本日は伊熊よし子先生にお会いするために出かけてきました!




伊熊先生はショパンコンクールの後から私をずっと温かく見守ってくださり、
お会いする度に本当に有難く幸せを感じております・・・。
本日は今度取り組む企画につきましてお話をさせていただきました。

この企画、私も本当に楽しみにしているものです。
近日中にご報告いたしますが、そのキーワードは
本日の日付「10月17日」です・・・!

演奏会を終えて - -
<< NEW | TOP | OLD>>