Message
奇跡の年

こんにちは!早いもので既に1月が終わり2月に入りました。

冬には寒い日が続く長野出身、ということで寒さに強いのでは?と
よく言われますが実は苦手なのです・・・!!
ただ雪化粧した山や森は幽玄の世界といった趣で美しく大好きです。
温かい部屋の中から冬の景色を眺めるのが一番素晴らしいのですが・・・!?



さて去年のショパン、シューマンに引き続き今年はリスト生誕200年ですね。
早速プログラムに取り入れて弾いています。

思えば1809年から1811年のたった3年の間にメンデルスゾーン、ショパン、
シューマン、そしてリストと偉大な芸術家が4人もこの世に出現しているのですよね・・・。
4人すべてが200年経った今でも忘れられずに愛されている、という
ある意味では「奇跡」のような3年間だったと思います。

そしてさらに驚き感動するのがこの4人の音楽はお互いに影響を受けながらも
すべて異なる個性を持っていて、「ロマン派」という括りではまとめられない、
ということです!



4人の中で、実はリストほど誤解を受けやすい作曲家はいないのでは、と
思っていました。
ショパンが、リストの演奏には舌を巻いたが彼の作品には見向きもしなかった、という
逸話も残っていますが、なるほどショパンのスタイルとは間逆といって良いほど
かけ離れています。

リストの作品というとまず思い浮かべるのが派手な装飾ですが、彼はなぜこのような
表現手段をとったのか、ということを考えたとき、とてもシンプルな一つの考えが
浮かびました。
それは「演奏が映えるように」ということではないか、と・・・。


演奏が映える、ということはそれを聞く方々に感動や興奮を与えられる、ということだと
思います。
ショパンの染み渡るような感動と違い、無条件で喜びを感じられる音楽・・・
ちょうどスポーツを観戦したときに味わう感動と同じような・・・

リストの音楽も表現方法は違えど人々を幸せにする力に溢れていると思います。



そして作品から感じることが一つあります・・・。
その屈強な外見とは異なり実は脆さを秘めている、ということ・・・

例えばショパンのノクターンとリストの「愛の夢」を比較してみますと
リストには甘い雰囲気の「恥じらい」のようなものが感じられるのに対して
ショパンのノクターンには途中で何の躊躇いもなく嵐が降り注いできたりします。

ショパンは作品によく感傷的な旋律を登場させますがそれは弱さではなく
反対に何故か現実を思い起こさせます・・・。
実はソフトに見えるショパンのほうが芯が通っていてリストは人間的な面を
曝け出している、ということなのかもしれません。



作品を勉強するほど新たな一面が見える偉大な作曲家の作品・・・
本当に興味深いです。

一日 - -
<< NEW | TOP | OLD>>