Message
奇跡の年

こんにちは!早いもので既に1月が終わり2月に入りました。

冬には寒い日が続く長野出身、ということで寒さに強いのでは?と
よく言われますが実は苦手なのです・・・!!
ただ雪化粧した山や森は幽玄の世界といった趣で美しく大好きです。
温かい部屋の中から冬の景色を眺めるのが一番素晴らしいのですが・・・!?



さて去年のショパン、シューマンに引き続き今年はリスト生誕200年ですね。
早速プログラムに取り入れて弾いています。

思えば1809年から1811年のたった3年の間にメンデルスゾーン、ショパン、
シューマン、そしてリストと偉大な芸術家が4人もこの世に出現しているのですよね・・・。
4人すべてが200年経った今でも忘れられずに愛されている、という
ある意味では「奇跡」のような3年間だったと思います。

そしてさらに驚き感動するのがこの4人の音楽はお互いに影響を受けながらも
すべて異なる個性を持っていて、「ロマン派」という括りではまとめられない、
ということです!



4人の中で、実はリストほど誤解を受けやすい作曲家はいないのでは、と
思っていました。
ショパンが、リストの演奏には舌を巻いたが彼の作品には見向きもしなかった、という
逸話も残っていますが、なるほどショパンのスタイルとは間逆といって良いほど
かけ離れています。

リストの作品というとまず思い浮かべるのが派手な装飾ですが、彼はなぜこのような
表現手段をとったのか、ということを考えたとき、とてもシンプルな一つの考えが
浮かびました。
それは「演奏が映えるように」ということではないか、と・・・。


演奏が映える、ということはそれを聞く方々に感動や興奮を与えられる、ということだと
思います。
ショパンの染み渡るような感動と違い、無条件で喜びを感じられる音楽・・・
ちょうどスポーツを観戦したときに味わう感動と同じような・・・

リストの音楽も表現方法は違えど人々を幸せにする力に溢れていると思います。



そして作品から感じることが一つあります・・・。
その屈強な外見とは異なり実は脆さを秘めている、ということ・・・

例えばショパンのノクターンとリストの「愛の夢」を比較してみますと
リストには甘い雰囲気の「恥じらい」のようなものが感じられるのに対して
ショパンのノクターンには途中で何の躊躇いもなく嵐が降り注いできたりします。

ショパンは作品によく感傷的な旋律を登場させますがそれは弱さではなく
反対に何故か現実を思い起こさせます・・・。
実はソフトに見えるショパンのほうが芯が通っていてリストは人間的な面を
曝け出している、ということなのかもしれません。



作品を勉強するほど新たな一面が見える偉大な作曲家の作品・・・
本当に興味深いです。

一日 - -
ショパン生誕200年も残りわずか・・・

2010年も残りわずかになりましたが皆さまいかがお過ごしですか・・・?

表参道のイルミネーション、昨日今年初めて見ました。
それにしても人、人、人・・・!!
ホリデーシーズンならではの賑やかさで気持ちも華やかになります。

ポーランドは既にクリスマス休暇、でしょうか・・・?
家族揃って静かに食事をしたりプレゼントを交換したり、というクリスマスも
とても素敵でした。
一度ポーランドの方のお宅に呼んで頂いたことがあるのですが、
その時のメニューは・・・


卵と野菜のゼリー寄せ
さまざまな茸のコンソメスープ
鯉の揚げ物
フルーツケーキ


どの料理もとても心がこもった温かいものでした。
(クリスマスには鯉をよく食べます!)
その後でクリスマスキャロル(ポーランドではコレンディと言っています)を
家族で歌って・・・。
その中にどこかで聞いたことのある旋律があったのですが、それはショパンの
スケルツォ第1番の中間部に現れるあの旋律でした。
「Lulajze Jezuniu」という曲ですが、ショパンが生きていた時代に
既に存在していたと思うと感動しますよね・・・。


そんなクリスマスが過ぎると今年も終わります。
僕にとってこの1年は大好きなショパン生誕200年、初めてのレコーディングなど
思い出深い年となりました。
そして千葉や富山、新潟、栃木、佐賀など初めて弾かせていただいた場所も多く、
その度に聴いてくださる皆さまから温かいパワーをいただいて今大きな幸せを
感じています・・・。
本当にありがとうございます!


それでは皆さま
Wesolych Swiat i Szczesliwego Nowego Roku!!
(Merry Christmas and a Happy New Year!!)



今年最後のイベントでした!タワーレコードにて↓



一日 - -
「みんなの」ショパン

ヨーロッパでは夏時間が終了したそうで、そろそろ本格的な冬が近づいています。
ワルシャワに住んでいたころ、切り替えの日は1時間多く眠れる!と
喜んでいた思い出が・・・(笑)

さて、先週の日曜日は素晴らしい番組に参加させていただきました。

NHK BS-hi 「みんなのショパン」





番組に参加させていただいて、「みんなの」という言葉がいかに真実味を
帯びているか分かった気がいたしました・・・。



僕は普段ショパンに「クラシック音楽」という面から向き合っていますが
そのショパンの音楽がジャズや日本の歌舞伎と出会うとこんなにも
魅力的になるなんて・・・!!


また番組に「昔先生が弾いてくださった幻想即興曲をもう一度聴きたい」と
いう方のエピソードが紹介されていましたが、その何年ものブランクを、
時空を飛び越えてしまう音楽、そして音楽をつむぎ出す方のお気持ち・・・

このようなことを考えたとき、ショパンの音楽に込められた「人を救う力」に
改めて感銘を受けました・・・。


実は僕も幻想即興曲は幼い頃からの憧れでした。
この曲をきっかけにショパンの世界に惹き込まれた・・・と言っても過言では
ありません。
元は公開されるはずではなかった作品、
でもこうして世に出て人々に愛されている事実を鑑みますと
やはり出るべくして出た作品、という気がいたします。



今年はショパンの作品に囲まれて、その偉大さに圧倒されながらも
幸せな日々を過ごしておりますが、その今年の集大成として
今月、リサイタルをさせていただきます!


11月18日(木) 19:00 宮城・えずこホール

11月20日(土) 15:00 東京・トッパンホール


プログラムは大好きなマズルカやノクターンのほか、節目に必ず
取り組んでまいりました葬送ソナタ、舟歌、そして
ショパンその人がすべて詰まった特別な作品、
「幻想ポロネーズ」となっております。

後半は「ポロネーズ第5番」で始まり「幻想ポロネーズ」で終わりますが、
この2つの作品には最後、突如最強音で終わるという共通点があります。

これら2つの音に込められたショパンの想い、願い、そして希望を
お伝えできますよう、全身全霊で臨みたいと思っています・・・。

一日 - -
8月・・・最終日
もう明日から9月・・・のはずがまだまだ秋の気配には程遠いですよね・・・。

本日は東京のホテルで弾かせていただきました!



すっかりくつろいでおりますが・・・

演奏前の様子です・・・。

となりにあるタオル、実はこの中には凍らせた水のボトルが入っています。

演奏中いつも暑くなるのでこれが欠かせません!

一日 - -
| 1/1 |