Message
生涯不変のもの…
作曲家には様々なタイプの方がいらっしゃると思います。

初めから音楽が溢れ出るタイプ、
時が経るに従って刻々とスタイルを変えてゆくタイプ、
晩年急に目覚めるタイプ …

それこそが作曲家それぞれの個性だと思うのですが、
思えばショパンはどんなに先進的な作品を作ったとしても
その独特のスタイルと音使いは若い頃から全く変わらなかったと思うのです…。
彼の師であるエルスネルは学生ショパンを
「驚くべき才能、音楽の天才」と表したそうですが、
先達からの影響を受けながらも
やはり初めから「彼の」音楽になっていたということでしょうか…。

ショパンのピアノ協奏曲は2曲とも20歳になるかならないかの頃の作品で、
晩年の作品に比べるとまだ熟していないなどの声も聞きますが、
私はこの2曲や演奏会用ロンド「クラコヴィアク」などから
鮮やかで懐かしいポーランドの景色と空気が溢れてくるのを感じます。
ご縁をいただいてポーランドで勉強し、そして再びその地に戻ることになる私には
かけがえのない作品となっています。

7月1日(火)長野市のホクト文化ホールで
ベルリン交響楽団の皆さまと1番協奏曲をご一緒しますが、
過去と未来をつなぐような気持ちで心を込めて演奏する所存です。
この素晴らしい作品を素晴らしい機会に演奏できる幸せを込めて…!
演奏会のお知らせ - -
5月は新緑の季節!
みなさまご無沙汰してしまいました・・・。
遂に桜前線が北海道まで到達しましたね!
桜と言えばポーランドのショパンの生家にも桜の木があります。



私はいろいろな場所の桜の表情を見て回るのが好きなのですが、
実は毎年一番楽しみにしているのは
いつも通る道にある、名もない一本の桜の木だったりします・・・。
人けのないところでも美しく咲いている桜・・・健気ですよね。

3月の終わりはめぐろパーシモンホールにて演奏させていただきました。
ホールにはそれぞれ表情があり、響きも違いますが
こちらは殊更温かく、アットホームな雰囲気の素晴らしいホールでした!
そのような場所で温かいお客さまに聞いていただける幸せ・・・!
本当にありがとうございました!

ショパンのバラード4曲は本当にかけがえのない作品ですので、
舟歌のように節目に弾き続けてゆきたいと思います。


さて!5月になりましたが5月と言えば新緑の季節・・・。
5月17日、岐阜市の三甲美術館で水谷川優子さんのチェロとご一緒いたします。

http://www.sanko-museum.or.jp/index2.htm

去年もこちらで弾かせていただきましたが、
ガラス張りの広間からは美しい季節の木々や花が見渡せ、とても素敵なところです!
爽やかな風と新緑を感じながらぜひフランスのチェロソナタの名品を
ご堪能いただければと思います。
私は長良川の鮎をまたいただけるのも楽しみです・・・!
演奏会のお知らせ - -
稲城・iプラザでリハーサル!
「猛暑」という言葉が毎日当たり前のように聞こえてきますが
皆さまお元気でいらっしゃいますか・・・?
天気予報で38、39という気温を目にするとグッタリ、、、ですが
この時期に目にする高原の木々の緑や色鮮やかな野菜などは
まさにこの暑さがもたらす幸せかなと思い過ごしています。


この涼しげな木々が東京でも見られるなんて・・・!
先日、9月7日に演奏会をいたします稲城市のiプラザで
リハーサルをさせていただきましたが、
京王線・若葉台駅(調布から10分で到着してしまいます)を降りると
そこには小高い丘があり周りには緑の山々が・・・。
都心から少し離れるだけで気温も若干下がり、風もさわやかです!

そしてこのホールの素晴らしい音響と温かい雰囲気・・・!


こんな素敵な場所でシューマン、ラヴェル、ショパンを演奏できるのが
今から楽しみでなりません。
ホールとピアノの関係は本当に不思議ですよね・・・。
ピタリと相性が合ったときはまるで音が身体に染み込んでゆくような感じがします。

ピアノの音を確かめながら触っておりましたら・・・
iプラザの方が少し録ってくださいました!!↓

http://www.facebook.com/inagi.iplaza

近頃は9月もまだ真夏のような陽気ですが
きっと稲城市は緑に囲まれて涼しい風に包まれるはずです・・・!
演奏会のお知らせ - -
春の訪れ・・・えっ、もう終わり・・・!?

このような時期はあっという間に過ぎてしまい・・・。
急に夏のような暑さになってしまいました!
春と秋が短くなってゆきますね・・・。


先日は私の大好きなショパンの2番の協奏曲を
長野県須坂市・メセナホールにて演奏致しました。
メセナホール、昨年のショパンチクルスでも本当にお世話になりましたが、
今回、そのチクルスの締めくくりとしての協奏曲でもありました。

数ある協奏曲の中でも異質な、ピアノを「目立たせる」ためではない作品・・・
ただ本来の意味が「協奏」であるならば、
繊細なピアノに寄り添うように躊躇いがちに鳴るオーケストラとの様相は
まさに「協奏曲」であるように思えます。

練習をしていて身体が喜ぶ、というのでしょうか、
この作品はその難しさと同時に素晴らしい癒しの力を持っています。
唐草模様のような1楽章の右手の動きや広大な景色を思わせるラルゲット、
あくまで控えめなマズルカの最終楽章、そのどれもが
究極の美という感じがします。
このような作品と出会うたびに感謝の念を禁じえません。

共演してくださった工藤俊幸先生、メセナホールオーケストラの皆さま、
そしてメセナホールの皆さま、本当にありがとうございます。

↓「メセナの風」
学校訪問コンサート、2回目は須坂市・日野小学校へ!
今回も小学生の皆さんの笑顔が嬉しかった・・・。




これからは19日の新潟・りゅーとぴあ、25日の岐阜・三甲美術館、
そして6月1日の紀尾井ホールと続きます。

りゅーとぴあは日曜日のお昼、くつろいだ気分の中でのショパン、
岐阜は水谷川優子さんとのデュオと私のソロを美術館という素敵な場所で、
紀尾井ホールは水谷川さんとお送り致します「音物語」、
プログラムもそれに向かう気持ちも初夏のようなさわやかさを帯びてきました・・・!


演奏会のお知らせ - -
デビューアルバム発売記念 コンサート
 梅雨も明けて猛暑が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか・・・?
実は雨が好きなので夕立が来ないかと毎日待っているのですが!

さて、来る8月3日(火)19時より、銀座の山野楽器にてデビューアルバム発売記念
コンサートをさせていただくことになりました。
詳細はこちらのページにございます↓

http://www.yamano-music.co.jp/docs/event/index_honten.html

当日はショパン:ワルツ集のCDからワルツ数曲と舟歌、そして先日録音してまいりました
ノクターンの中から1曲演奏させていただく予定です。
暑さも少し和らぐ夏の宵、どうぞお越し下さい!
演奏会のお知らせ - -
| 1/1 |